日语美文(文学篇):森欧外/舞姬

向下

日语美文(文学篇):森欧外/舞姬

帖子  宣传部刘琪 于 周日 十月 21, 2012 12:30 pm

島根県に生まれた。20歳、東京大学医学部を卒業する。1884年、23歳のときドイツへ官費留学した。帰国後、官途と並行して文学の活動を始めた。訳詩集「於母影」小説「舞姫」を始め、翻訳「即興詩人」評論などがある。西欧の近代の視点で日本の現状き見る彼の活動は、近代文学の源流となった。軍医として最高位をきわめ、文学上の功績も著しく、そのほとんどのジャンルの指導者でもあった。
生于岛根县。20岁毕业于东京大学医学部。1884年公费赴德国留学。归国后,一边从事仕途,一边开始文学活动。作品有译诗集《母影》、小说《舞姬》以及翻译《即兴诗人》等。他的文学活动从近代西欧的观点来看待日本的现状,成为近代文学的源头。作为军医地位显赫,在文学上又功勋卓著,在各个文学领域都有所成就。

舞姫
舞姬

『舞姫』は明治二十三年『国民之友』に発表された鴎外の出世作の短編小説である。本作は明治新文学の発生期を画する近代浪漫的精神に溢れた名作で、従来の戯作調を排した清新な異国情緒と典雅な和文体が当時の若い読者を魅力した。その美的な要素は運命悲劇独特の感傷に基づいてもいるが、本作の内実する悲劇性の緊迫感は、主人公豊太郎の苦悩が青年鴎外の当年の内面的自画像投影である
《舞姬》是发表于明治23年的《国民之友》的短篇小说,是森鸥外的出世之作。本作品洋溢着近代浪漫精神、是明治新文学具有划时代意义的名作。它排除了以前的剧作格调,其清新的异国情绪和典雅的和文体吸引了当时的年轻读者。其美的要素是基于命运悲剧的独特感伤之上的,但是本作品内在的悲剧性的紧迫感,也是因为主人公丰太郎的苦恼正是年轻欧外当年内心自画像的投影。

夏目漱石と「坊ちゃん」
夏目漱石与《哥儿》

坊ちゃん——明治初年、舞台は田舎の城下町、江戸っ子の見た田舎の人情風俗を通して、坊ちゃんの社会、風俗への批判精神が興味深い。彼は日本人の好む典型的な性格だろう。
夏目漱石(1867-1961)は、英文学専攻の学者として出発したが、1905年『吾輩は猫である』で文名があがる。他に『草枕』『三四郎』『それから』『門』『心』など。
《哥儿》——作品借一个来到乡下的江户青年之所见,描写了明治初年乡下小镇的风土人情,批评了哥儿所处的社会、习俗。读来饶有风趣。也许,哥儿就是日本人喜爱的典型性格吧。
夏目漱石(1867-1916)起初专攻英国文学。1905年发表了《我是猫》,从而确立了他在文坛的地位。此外,他还著有《草枕》、《三四郎》、《其后》、《门》和《心》等作品。

宣传部刘琪

帖子数 : 26
注册日期 : 12-10-21

查阅用户资料

返回页首 向下

返回页首


 
您在这个论坛的权限:
不能在这个论坛回复主题